• おせち料理の定番とは

    様々な料理を重箱に詰めるおせち料理は、地域によって違いがありますが、基本的に20から30種類ほどがあるとされています。


    これらの料理は5種類に区分され、それぞれ祝い肴・口取り・焼き物・酢の物・煮物に分けられます。


    伝統的なおせち料理は多くの種類がありますが、それだけでなく料理一つひとつに意味が盛り込まれているのが特徴です。

    祝い膳に出される酒の肴、つまり「祝い肴」には、正月料理の場合にごまめ・数の子・黒豆の定番の三種が存在します。

    おせちの情報を今すぐ確認できます。

    ごまめは田作りとも呼ばれ、ごまめ(カタクチイワシ)を醤油味の飴煮にした料理で、五穀豊穣を祈る意味があります。

    ニシンの卵である数の子は子孫繁栄を願う縁起物で、黒豆は健康または勤勉への願いが込められているのが特徴です。

    関西の祝い肴三種は、黒豆のかわりにたたきごぼうが入っていることが多く、地域によって多彩な変化を見せるおせち料理ならではと言えます。
    おせち料理は地方によって内容が変わるだけでなく、同じ名前でも異なる食材を使用している場合や、特産品で作ったその地方のみの料理も存在します。また、近年では家庭料理が洋風になってきていることから、子供が食べやすいように洋風のメニューも混ぜた和洋折衷スタイルも人気です。



    エビチリのように定番の食材を中華風に味付けするなど、伝統にこだわらない様式が広まっています。

    料理としては、見た目が華やかで和風の料理とも馴染むローストビーフやスモークサーモン、前菜のように軽く食べられるテリーヌやキッシュなどが多く見られます。