• おせち料理の通販が人気の理由とは

    日本ではお正月に「おせち」料理を家族全員で味わうという習慣があります。この習慣は江戸時代には確立されており、3段または2段の重箱一杯に詰まった食べ物は、その年も食事に困らないという縁起を担いでいるといわれます。


    一般的には計45種類の食材を重箱に詰めるのですが、これら一つ一つを自宅で調理するには1週間以上もの時間が掛かります。

    おせちに関するご案内です。

    1990年代頃からデパートやスーパーマーケットでは、通信販売による「おせち」料理の販売が開始されました。



    現在はネット通販でも年末になると数多くの料理が販売され、幅広い年代に人気を集めています。
    以前は各家庭の味の代表ともいえた「おせち」ですが、通販が人気になっている背景には共働きと豪華さの2つが起因していることが分かります。



    2018年現在、国内の全世帯数のうち約65%が共働き世帯であることが総務省の発表で明らかになりました。


    この数は今後も増加していくとみられ、年末の料理を作る時間を女性も持てないことがわかります。
    通販であれば真空パックの状態で自宅に届き、後は重箱に移し替えるだけなので忙しい合間を縫って用意をすることが可能です。


    現在販売されている「おせち」は中華・フランス料理など、趣向を凝らした豪華なものが多くなってるのも通販人気を支えているといえます。

    一流シェフの監修となると普段味わうことが出来ない料理なので、家族全員で食べられる「おせち」で食べるのに打って付けと考えられて購入されている訳です。