• おせち料理に使われる食材

    おせち料理の「御節」とは元旦や五節句の節目のことを呼びます。


    作物の収穫を季節毎に神様に感謝して生活に節目をつけてる意味を持っていました。

    おせちを検索してみてください。

    無事に収穫できた作物へ感謝の意味を込めて料理し、神様へお供え物として備える日を節供と呼びます。節句の日に備える収穫物を料理して大量や方策を願って、自然の恵みに感謝して食べた料理が節供料理です。そのような節目の御節を祝うために神様にお供えした食べ物を御節句、つまり「おせちく」と呼ぶようになります。

    そのうちの一年で一番大切な節目の日であるお正月に振舞われるようになった料理が、今のおせち料理の由来です。

    おせち料理に使われる野菜や魚、肉などの食材は、それぞれ意味を持っています。


    よく入っている数の子は、魚卵の多さから子孫繁栄を願って入れられている料理です。



    にしんに二親という当て字も含めて、夫婦円満の願いも込められています。

    片口鰯の稚魚を素干しにして乾燥したものを炒って、それを甘辛く炊いた料理の田作りは、昔小魚を畑の肥料と使った時代があったことから、五穀豊穣を祈願した料理です。他の説としては、鰯の稚魚がごまめとも呼ばれることから、「五万米」の意味を含んでいるというものもあります。


    巻物の形をした伊達巻は、書物のイメージから文化の発展や学業成就の願いが込められている料理です。



    黒大豆を砂糖と醤油を使って甘く炊いた黒豆は、「まめに働く」や「まめに暮らす」という意味が込められています。その他の食材には、それぞれ一つ一つ意味が込められているのですが、きちんとした由来があるものや、洒落かと思うものまで様々なものがあるのが特徴的です。